TOEIC600点を超えるリスニング対策

TOEICはリーディングよりリスニングの方が点数が取りやすい!

TOEICで600点を取るためには、リスニングとリーディングのどちらを重点的に勉強すべきか。

私の体験から、絶対的にリスニングの方が点数アップしやすいと感じています。

リーデングは、なかなかスコアアップにつながらないなと悔しい思いをしているのですが、リスニングは対策をすればするほどスコアが上がるのでやる気も出ます!

今日は、10年位英語学習から遠ざかっていた筆者が、TOEIC600~700点台がとれるようになったリスニング対策について書いていきたいと思います。

良かった対策①:TOEIC対策の本を読む

まず、TOEICがどんなものかすら分かっていなかったので、TOEIC対策の本を読んでリスニング問題の概要と解き方を学びました。

実際に解けるかは別ですが、後々問題を解きながら、「あの時言っていた解き方だ!」とつながることは多かったです。

https://www.irasutoya.com/2013/01/blog-post_2739.htmlより

おすすめの本

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじめて受けるTOEIC?L&Rテスト全パート完全攻略
価格:1980円(税込、送料無料) (2023/1/18時点)


良かった対策②:リスニングパートを繰り返しシャドーイング

自己流ですが、ひたすらシャドーイングを繰り返しました。

音源は、公式問題集を使用し、以下のような流れでシャドーイングに取り組んでみました。

  1. 問題を解いてみる。
  2. 答え合わせ&なんて話していたのか、トークスクリプトを読む。
  3. トークスクリプトを読みながら、音源を聞く。
  4. トークスクリプトを読み、音源を聞きながらシャドーイングする。
  5. トークスクリプトなしで音源を聞きながらシャドーイングする。

最初は全く何を言っているのか聞き取れなかったのですが、これをしたことでだいぶ聞き取りやすくなりました。

自分で声に出して読んでみると、繋げて読んでいる部分などが混乱せず聞こえてくるようになると言うか…

トークスクリプトを覚えてしまうくらい読み込んだら、通勤中など本を開けない状況や、料理を煮込んでいるスキマ時間などでも音源を聞いて勉強できるようになるのでお勧めです。

おすすめの本


本を購入すると音源が聞けるのですが、それがCDだったので再生しにくかったのですよね。(問題集8の時はCDだったと思うのですが、9はどうなんでしょうか。)

abceedというサイトで、無料で音源を聞けるので本当に便利です。おすすめです。

こちらです:abceed

良かった対策③:スタディサプリ (時間がある人向け)

スタディサプリには、TOEIC対策もあるのですが…なぜか私には合いませんでした。

文字が小さすぎて、辛くなってしまい、結局続かなかったです。

ですが、スタディサプリはTOEIC対策を始める前に、新日常英会話コースでお世話になっていました。

TOEIC対策ではないのですが、会話のディクテーションをアプリですることができます。

ディクテーションとは、聞き取った英語をタイピングするのですが、これを繰り返したことで自然と聞き取り力がついたと感じます。

しかもスキマ時間でできるのが嬉しかったです。移動時間や、思い立った時に数分集中できます。

数分でも、繰り返すと大きいですね。

直接のTOEIC対策にはなりませんが、英語を聞き取る力はついたなと感じます。

少し時間がある方や、TOEIC関係なくリスニング力をつけたい方にお勧めです。

TOEICコースも、続けられればとても効果がありそうなのですが…良い使用法を調べる必要がありそうです。

良かった対策④:問題を解く!

耳を鍛えつつ、解き方を身につけていきましょう!

おすすめの本


こちらもabceedが便利でした。

本を購入しても良いのですが、アプリ内で購入もできてクイズ形式で学習できます。

Visits: 4612

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)