公認心理師をめざして 基本を学ぶ

こんにちは。今日は公認心理師試験に向けて使用している本について書きたいと思います。

まず、受験を決めてから、「公認心理師必携テキスト」を購入しました。ちょっと書き方が難しく、読むのが疲れてしまうこともあるのですが、範囲を網羅されているので、最初の1冊としてこちらを選びました。

また、重宝しているのが「現認者講習会テキスト」です。購入前は、試験対策にはならないなど、購入意欲が上がらない噂を聞いていたのですが、過去問を見ると、結構こちらから出ている印象を受けました。

そのままこの文章を引用されているなと思った問題が何問かありました。また、向精神病薬の副作用も、他のテキストには書かれていない内容のものがこの本から出ていました。丸暗記するレベルで読み込みたいと思っています。

勉強方法は不安もありますが、過去問を見ていると、この2冊を読み込んだら6割はとれるのではないかと感じています。(それが難しいのですが…)

なので、頑張って読み込もうと思います。

皆さんはどのように勉強していますか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

公認心理師必携テキスト 改訂第2版 [ 福島哲夫 ]
価格:5280円(税込、送料無料) (2020/6/28時点)



Visits: 2560

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)